一軒家のリフォーム、リノベーションあるいは新築を手助けする総合情報サイト

>

豊富な情報に振り回されないためのコツ

リフォームで家族で話し合っておくべきこと

一戸建ての場合には、骨組みだけ残して間取りからすっかり変えてしまうリノベーションもできます。子供の成長とともに家族間のコミュニケーションができやすい間取りにするのも良いことですね。

リフォームはともすると手抜きしやすい工事だといわれています。希望していた通りの仕上がりにするためにも、信頼できる業者を見つけるようにしましょう。そのためにはきちんと知識を身に着けて家族間でよく話し合って、希望するリフォームを煮詰めてゆきましょう。

屋根や外壁も変更できますが、防火基準などがあります。玄関のドアなども防火地域内ですと、防火戸にすることが義務付けられています。耐力壁の場合には窓を付けることはまずできません。吹き抜けやトップライトは、屋根や建物の強度に問題がなければできます。

リフォームの豆知識

子供が大きくなり独立部屋が必要になった。あるいは子供たちが巣立ってゆく、間取りを変えたくなった。時とともに家族の歴史が刻まれ、変化してゆくにしたがって、必要とされる住宅も変わってきます。

年老いた両親と住むようになればまた別の必要が出てきます。バリアフリーなどですね。時の流れあるいは家族の歴史の流れとともに、住居を変えてゆくのは自然なことです。

新築・改築するというのはなかなか大変ですが、必要に応じてリフォームすることは、家族のメンバーの必要を満たし、かつ安全と心地よい生活を生み出してくれます。住宅は家族の大切な空間です。そこには安全と安心そして陽気な雰囲気がなくてはなりません。家族で話し合ってよいリフォーム計画を立てましょう。


この記事をシェアする