一軒家のリフォーム、リノベーションあるいは新築を手助けする総合情報サイト

>

プランナーと住まい造りを楽しむ

リフォームの計画には優先順位を

リフォームを計画したら、家族でよく話し合って、リフォームするところや優先順位を決めておきます。

建物の構造上の制限や予算の制限などから、取捨選択して計画を詰めてゆく必要が出てきます。家族全員で話し合い、計画を煮詰めるためにも、いろいろショールームを見たりするとよいですね。実際にリフォームした住宅も業者によっては見せてくれます。こうすることでリフォームの内容や目的がはっきりとしてきます。家族間の話し合いも実のあるものになってきます。

住宅の改修ですからいったん改修すれば、10年は再び改修することがないと思っていたほうが良いですね。

次に気になるのが費用です。これについても数社の見積もりを比較するのが良いでしょう。

マンションリフォーム

今まで主に一軒家のリフォームについて述べてきましたが、基本的には持ち家のマンションについても同じことです。ただし、マンションの場合には、構造上の制約が大きくなりますから、一軒家ほどの自由性がありません。リフォーム内容には限界があるということですね。

もちろん共有スペースなどは勝手なリフォームの対象にはなりません。どうしてもという時には管理会社に話を持ってゆきます。

とにかくマンションに規約がありますから、自分のマンションの窓でもそうそう簡単には取り換えられない時があります。

間取りの変更やそのほかのリフォームでしたら、建物の構造上の問題がなければ、ほとんど自由にできると考えても良いでしょう。いずれにしても管理会社によく相談してから計画に入ったほうが良いですね。


この記事をシェアする