一軒家のリフォーム、リノベーションあるいは新築を手助けする総合情報サイト

>

リフォームとリノベーションを全面サポート

リフォームは立案から

リフォームやリノベーションの基本は、その目的と予算です。業者を選ぶにも打ち合わせをするのにも、この基本なくしてはできません。

最近では年老いた両親を住むためにリフォームを考えるということも良くあります。よくあるリフォームの事例を挙げておきましょう。
*キッチン。主婦にとってあるいは家族にとって最も大事なところですね。
*洗面所やトイレの水まわり。洗面所を広くする、トイレに手すりを付けるといったリフォームが出てきます。
*リビング。家族が集まるリビングはできるだけ広く明るい陽気なものにしたいですね。
*屋根などの外観。外観はおよそ10年ごとにリフォームするのが理想です。
*階段・廊下。ともすると階段や廊下が暗くなりがちです。窓や手すりを取り付けて、安全で明るい階段や廊下にしたいですね。

リフォームの種類

リフォームをその目的によってみてみましょう。

*バリアフリーリフォーム。高齢化社会になり、個人の住宅にもバリアフリーが要求されるようになってきました。階段や廊下に手すりを付けたり、玄関やドアの段差をなくすリフォームなどですね。車いすでも移動できるようにすることも必要かもしれません。
*エコリフォーム。エコ生活が叫ばれるようになった今日、エコリフォームも関心を集めていますね。夏は涼しく冬は暖かい住居が理想です。太陽光を利用した太陽光発電なども、エコリフォームですね。
*デザインリフォーム。住宅は家族がその歴史を刻むところです。できるだけ家族の雰囲気を生かした内部や外部にしたいものです。自分たちの好みに合ったリフォームを計画しましょう。


この記事をシェアする