一軒家のリフォーム、リノベーションあるいは新築を手助けする総合情報サイト

初心者必見!一軒家でよくあるリフォームとは

プランナーと住まい造りを楽しむ

古くなった屋根だけを変えたいというようなところからスタートして、プランナーと住まい造りを話しているうちに、全面改修をということもあります。 家族構成も変わり、家族の思い出の詰まった住宅ができますね。 生きるとは自分たちの歴史を書き綴ること。家族の思い出を大切にできる住宅造りをまとめてみました。

豊富な情報に振り回されないためのコツ

住宅というのは私たちの人生で大きな意味を持っています。リフォームやリノベーションを決めて満足できる完成住宅を得るためには、いくつかのチェックポイントがあります。 建築基準の問題から、自分の希望を形にするための話し合い、業者の選択など、それらの点をまとめてみました。

リフォームとリノベーション、安心の一軒家

家族が増えたあるいは古くなってきて台所や風呂の不都合が多くなった。改修しようという時に、新築や建て替えをせずにリフォームやリノベーションを選択するということを考えてみましょう。

建築基準法等は守らないといけませんが、戸建ての場合にはマンションと違いほとんど自由に改修ができます。もちろん外壁や屋根も自由に改修できますから、外観も新築の家と同じです。

ただし本格的なリノベーションをすると、完成までに数か月かかりますから、その間どこかほかのところに住むことになります。経済的な負担がかなり大きくなります。

耐震性も注意点です。2000年以降に建てられたものは、原則として震度7の地震にも耐えられることになっています。1981年以降のものについては、建物によって耐震性の差がありますから、専門家に相談してリノベーションをするとよいでしょう。

20年以上前に建てられた建物の場合には、断熱材が入っていないことがあります。床暖房などもリノベーションの機会にやっておくと、後々になって床暖房だけを工事するときに床を全部はがすという大工事を避けられます。

古くなった住宅もお風呂屋台所だけをリフォームするというなら比較的簡単にできます。こうした部分的なリフォームの場合には現状を良く把握して、不満な部分をとらえて整理し、リフォームの計画を立てることが大切です。

しかし今の住宅に不満があるものの、どうしたら快適な満足できるものにリフォームできるかはそんなに簡単にはわからないものです。

リフォームとリノベーションを全面サポート

一軒家が老朽化してくると、お風呂や台所といったところを新しくしたくなります。つまりリフォームですね。 いっそのこと、老朽化した一軒家に大工事を施して新築以上に良いものにしようという時はリノベーションが行われます。家族が増えて壁を取り壊して大きな広間を作ったりするのがリノベーションですね。